ハローワーク求人検索!3つのコツとブラックの見分け方

こんにちは!
記事担当のつるです^^

今回の記事では、
ハローワークで求人検索!
3つのコツとブラックの見分け方

という内容をお届けしていきます。

転職活動をしていると
ハローワークで求人情報を検索する
機会が多くなってきます。

ネットの転職サイトなどもありますが、
直接スタッフに相談できるという面でも
ハローワークの活用は欠かせません。

そして、
スタッフに相談する前には
希望の求人を探しておく必要があります。

その時に役立つコツを3つ
今回は紹介していこうと思います。

求人検索の時の3つのコツ

賃金を少し低めに設定する

saiteichingin

求人検索を行う際に
希望する賃金(月給)を
入力するのですが。

ここに入力する金額は
少し低めに設定した方が◯。

最低でもこれくらいは必要
という金額を入力しましょう。

参考までに希望する最低の月給を
手当等含み「20万円」とすると・・・

chingin-haba

このように、
20万円前後の月給を提示している
企業の一覧が表示されます。

17万〜35万、
18万〜45万、など
幅が広くなっている企業も
いくつか見られると思いますが。

これは新規採用の平均は17万、18万円からで、
熟練者であれば最高35万、
45万であるということ。

ただし、このように幅がある場合は、
最低額を見ていくようにしましょう。

実年齢より少し下で検索してみる

nenrei

なぜ実年齢より下で
検索するのか?というと、
経験を重視する」企業も
中には多く存在するからです。

例えば、
営業経験が1年しかない23歳の人、
営業経験が3年間ある25歳の人。

この2人のうちどちらかを採用する場合、
後者の方が即戦力になり得ますよね。

なので、
求人の年齢を超えている場合でも、
その職種を過去に経験していたら
スタッフに相談してみるのもおすすめ。

その企業が即戦力を募集していたら、
スタッフが採用担当者に話をして
面接→採用となる可能性もあります。

社会保険が完備されているかどうか

shaho

社会保険とは、
雇用保険、労災保険、健康保険、
厚生年金保険の総称。

求人情報の加入保険欄に、
社会保険完備、社保完とか、
上記4つの保険が記載されていれば
全てに加入していることになります。

社会保険に加入していないと、
国民健康保険や国民年金の
保険料を自己負担する必要があり、
さらには失業時の雇用保険も
受け取ることができません。

ですので、
必ず社会保険完備の企業を選びましょう。

ブラック企業を見分けるコツ

検索でいい求人が見付かったとしても、
実はその企業がブラックだった。

なんてことになったら、
今よりも環境が悪くなる
ということもあり得ます。

では、どのようにして
ブラックかどうかを見分けるのか?

そのコツがこちらになります。
>>ブラック企業の特徴まとめ【求人・社名・面接時など】

求人広告・求人情報には
人を惹き付けるような
キャッチコピーが使われていますが、
おいしそうな言葉の裏には
何か闇があるとか。

地元の中小企業なのに
「日本」「ジャパン」など
外資をイメージさせる社名になっているとか。

このような要素から
ブラック企業かどうかを
ある程度判断することができます。

が、
ハローワークの場合はもう1つ、
ブラックかどうかを判断できる
方法があると言われています。

その方法が
「ハローワークのスタッフに
直接企業の情報・評判を聞いてみる」

というものです。

スタッフが使っているパソコンは
求人専用のパソコンになっていて、
過去の応募状況、採用した人の動向など、
利用者が調べてもわからない情報が
たくさん詰め込まれています。

「1年間求人掛けていて
1人も採用しないなんて所もあります。
ここの会社は、評判が悪いんですよね。
明らかに人を取るつもりはないけど、
上層部に求人を出していると報告したいので、
ダミーの求人を上げているみたいです。」

「本当は1ヶ月22日勤務の仕事なのですが、
実際には月で5日ほどしか働けず、
困っているそうです。これが月給ならよいのですが、
日給制の雇用形態なので・・・」

「採用してもらったは良かったのですけど、
正社員で採用のはずが、勝手に、
契約社員で採用されていて、
給与が半分くらいしか出ません・・・」

という話を生で聞けます。
気になる求人案件があれば、
ハローワークで印刷した求人情報を
職員さんに見せてみましょう。

【出典:http://black-kigyo.net/hallo_work/】

最後に

今回は求人検索のコツということで、
賃金を少し低めに設定する、
年齢も実年齢より下で検索してみる、
社会保険完備かどうかを確認する、

この3つのコツを紹介させていただきました。

求人情報やその企業についての詳細は
ハローワークスタッフに相談すれば
答えてくれると思います。

心配なこと・不安なことは
積極的に相談するといいでしょう。

また、求人検索をする際は、
上記で紹介したブラック企業の
見分け方
も意識してみるといいと思います。

面接に関しては行ってみなければ
わかりませんが、
求人情報や社名などでも
判断要素になり得ますので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>