ハローワークカードの登録方法!紛失時の再発行や更新について。

3899971672_b4895cbdea

こんにちは!
記事担当のつるです^^

今回の記事では、
ハローワークカードの登録方法!
紛失時の再発行や更新について

という内容をお届けしていきます。

初めてハローワークに行くと、
ハローワークカード
というものを作成します。

カード自体は薄い紙1枚なのですが、
ここには個人情報や
探している企業の条件など
各種データが詰まっています。

ハローワークカードの書き方・登録方法

先ほども紹介したように、
ハローワークカードは
薄い紙1枚ですが、
このカードを作成する上で
以下の求職者登録情報
記述することになります

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 年齢
  • 電話番号
  • 現住所
  • 最寄駅
  • 転居の可否
  • 家族構成(配偶者の有無、扶養家族の人数)
  • 就業上留意が必要な家族の有無
    (小さな子供がいるなど)
  • 希望就業形態
  • 希望する仕事
  • 就職希望地
  • 希望収入
  • 希望勤務形態
  • 希望休日
  • 週休二日制の希望
  • その他の希望
  • 最終学歴
  • 公共職業訓練所の受講歴
  • 資格・免許
  • 自動車免許の有無
  • 最後の職業
    (事業所名、仕事内容、退職理由、
    勤務期間、退職時の月収など)
  • 経験した主な仕事
    (最近のものから順に3つ、
    期間と仕事の内容)
  • 自分の情報を企業に公開するか

この求職者登録情報は
有効期限が2年と定められています。

もし、2年の有効期限を過ぎた場合、
ハローワークで手続きを行えば、
同じ条件で更新することもできますし、
条件を変更して再登録することも可能です。

ハローワークカードに登録するとできること

1:求人情報の詳細まで見れる

d398ddf08f40317ba8ea74fdb6dfed06e10a2a2f

求人情報を掲載している企業の中には
企業名、所在地、連絡先などの情報を
登録者のみ閲覧可能
としているものがあります。

仕事の内容や給与、休日などの
基本的な情報は登録せずとも見れますが、
企業名が見れないというのは大きなネック。

全ての情報を把握するためにも、
ハローワークカードの登録は
必須と言えます。

2:企業から声がかかることが

DADgsDJ_

ハローワークカードの項目にある
「自分の情報を企業に公開するか」で
公開するを選択した場合。

個人情報(氏名、生年月日、性別など)以外の
情報が企業に公開されることになります。

すると、
求人を出している企業の方から
声がかかる
ことがあります。

所有している資格や免許、
そしてこれまでの職歴などを参考にして、
企業がスカウト活動をしている
ということですね。

必ずリクエストがあるわけではありませんが、
リクエストがあると企業から
求人情報が郵送で送られてきます。

紛失時の再発行や更新について

PAK86_kusoyarareta20140125500-thumb-750x500-4225

重要な情報が詰まっているカードですが、
薄い紙1枚なので紛失してしまうことも
あるかもしれません。

ですが、安心して下さい、
紛失してしまった場合でも
ハローワークカードは再発行できます

再発行を申請する場合は、
カードを登録したハローワークに行き、
受付でその旨を報告しましょう。

氏名、生年月日などを伝えれば
すぐに再発行してもらえるはずです。

また、ハローワークカードには
有効期限があります。

カードの有効期限は、
登録した日の翌々月末日。

例えば3月1日に登録した場合は、
5月31日が有効期限になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハローワークカードを作成する際には、
求職者登録情報を記述する必要があり、
この情報の有効期限は2年である。

カードを紛失しても再発行可能で、
有効期限は登録日から翌々月末日である、
ということを紹介してきました。

不安な点・心配な点は
ハローワーク窓口で相談すれば
すぐに解決できると思うので、
転職する際には
足を運んでみるといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>